ベルギーで電車に乗ろう 

ベルギーで都市間を移動をする場合は、車以外であれば国鉄を使うことになります。ベルギーの国鉄はNMBS(オランダ語)もしくはSNCB(フランス語)と呼ばれ、非常に発達しており便利です。ベルギー国鉄はチケットの種類がたくさんあり、慣れるまではどれを買えばいいのか分かりにくいかと思います。今回は知っていて損はないベルギー国鉄の情報をお伝えします。

・ベルギー国鉄

国鉄のサイトはオランダ語、フランス語、英語、ドイツ語があります。

http://www.belgianrail.be/en/Default.aspx

時刻検索や運行状況なども簡単に検索でき、使いやすいです。各駅には時刻表が張ってあり、その駅の発着便すべてが掲載されています。また、各電車の停車駅や到着/出発時間が一目で分かりますので、自分が乗る予定の電車を確認しておくと安心です。

隣国に行く電車をお探しの場合はこのサイトではなく、国際列車専用のサイトを利用ください。

国際列車専用サイト:

https://www.b-europe.com/Travel

・チケットの買い方

国際列車は格安の限定チケットが売り出されていることがありますので、乗る電車が決まっているのであればネットで予約することをオススメします。ネット購入の場合はチケットを自分で印刷する必要があるので、お忘れなく!ベルギーの国内列車は急いで予約する必要はありません。慣れないうちはカウンターでチケットを買うとよいと思います。大きな駅などではカウンターによく長蛇の列ができていますので、慣れてきたら各所に設けられている券売機で買うと時短になります。英語表示もあり、日付、行き先、チケットの種類など簡単な操作で済みます。支払いは現金以外にICチップ入りのカードでも出来ますが、暗証番号の入力が必須です。

・チケットの種類

Standard Ticket:通常料金。往復で買う場合は単純に片道の倍の料金となります。

Weekend Ticket:週末に適用される、ベルギー国内の単純往復料金が50%OFFになるチケットです。週末とは金曜日の19時以降と土曜日、日曜日で、この間に往復すること。7、8月に限り金曜日から月曜日までが週末という設定になります。

Go Pass 1:26歳以下限定で、ベルギー国内片道料金が一律6ユーロ。ただし2等車のみ乗車可能。

Seniors Ticket:65歳以上限定で、ベルギー国内の単純往復料金が一律6ユーロ(2等車)。1等車の場合は一律13ユーロ。ただし、同日中に往復のこと。平日は午前9時以降、週末は終日利用可能。例外として、2016年は7月9日から8月21日の間の土日は利用不可となります。

Child Ticket:12歳以下の子供が単独で乗車の場合、もしくは1人の大人に対して子供が4人以上の場合に適用。子供料金は大人の50%です。

Go Unlimited:26歳以下限定で、ベルギー国内の鉄道が乗り放題のチケット。1週間で12ユーロ、もしくは1ヶ月で25ユーロと格安。ただし、7月1日から8月31日までの期間限定です。初回購入時に顔写真付きのMOBIBというICカードを作る必要があります。カード代は別途5ユーロ必要。

Go Pass 10:Go Pass 1の回数券。10回券で51ユーロ。26歳以下限定で、2等車利用のみ。購入後1年間有効。複数人でも使用できますが、26歳以下であることが条件です。

Rail Pass:Go Pass 10の年齢制限がないバージョンです。ベルギー国内なら片道どこでも一律料金の10回券、76ユーロ。2等車利用で、複数人でも利用可能です。購入後1年間有効。1等車は117ユーロ。

各チケットの詳細や利用条件など知りたい方は、以下のサイトを参考にしてください。

http://www.belgianrail.be/en/travel-tickets/tickets.aspx

・Go Pass 10とRail Passの使い方

今回はRail Passを参考に説明しますが、Go Pass 10も同じ書式です。写真はオランダ語版ですが、購入場所によってはフランス語版のチケットもあるようです。ここでは両方の言語を併記しますので、参考にしてください。ベルギー国内の片道につき1行使用します。

DAG/JOUR:曜日

オランダ語やフランス語で分からない場合は英語で記入しても問題ありません。

DATUM/DATE:日にち

必ず「日/月/年」の順で書くこと。

VAN/DE:出発地

NAAR/A:行き先

基本的に電車に乗る前に記入します。パスを使う人は忘れずにペンを持っていきましょう!

・検札

ベルギー国鉄には改札はないため、乗車前にチケットを刻印する必要はありません。日中はもちろんのこと早朝や夜中でも頻繁に検札が行われていますので、必ず有効なチケットを購入してから乗車するようにしましょう。また年齢制限のあるチケットを利用する場合、年齢確認のためにIDの提出を求められることがありますので必ずIDを携帯しましょう。もしチケットオフィスが長蛇の列だったり、電車の時間ぎりぎりに駅に到着したりと何らかの理由で切符を持たずに乗車した場合、車内でも切符を購入することが可能です。しかし、On-board Fareと呼ばれる一律7ユーロの手数料が加算されます。そのため車内での価格は、チケット料金+On-board Fareとなります。もし有効な定期券を持っているけれども携帯するのを忘れた時は、ひとまず正規料金+On-board Fareを支払います。14日以内にそのチケットと有効な定期券をチケットカウンターに提出すればチケット代金は返金されます。このOn-board Fareは2015年2月1日から適用されましたので、知らない人は注意してください!有効な切符を持たず、さらに車内でOn-board Fare込みの切符を買うこと拒否した場合には、罰金75ユーロが科されます。

・まとめ

週末は往復料金が50%オフというのは非常に嬉しい特典です。しかも季節に関係なく適用されますので、とても便利です。ベルギー滞在が長い人は平日に移動するのか、週末に移動するのかで利用するチケットを使い分けるといいと思います。またベルギーでは7、8月は学校が休みのバカンスシーズンで、それに合わせお買い得なチケットが販売されます。チケットの種類を知って、お得におでかけしましょう!

*チケットの種類・値段などは2016年7月の情報です。

*写真の補足

レイルパスの写真ですが、見ての通り8回使用しております。日付や行き先などから個人が特定されることもあるため、加工させていただきました。未使用の状態のレイルパスの写真が必要でしたら、新しいものを購入次第写真を撮りお送りいたします。

ブログランキングに参加しています。よろしければクリックして頂けますと嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です